本物のスロートレーニング 山田豊治 Power10トレーニング協会会長その経歴と実績 購入者の検証結果

未分類
historicalsocietiesnh.org
Pocket

本物のスロートレーニング 山田豊治 Power10トレーニング協会会長その経歴と実績 購入者の検証結果

→詳細はこちら

山田豊治 Power10トレーニング協会会長さんの本物のスロートレーニングが、とても評判みたい。

口コミの評価も評判いいみたいだし、
どんな内容なのか気になるなぁ・・・

脚とか背中とかを7分間でトレーニングしてしまうものです。
基本のスロートレーニング(POWER OF 10)とフローの7分間を組み合わせれば、
誰でも効果的なトレーニングが可能です。
スロートレーニングのもうひとつの手法「フローの7分間」を採用すれば、
1日に7分のトレーニングで足りるようになります。
フローの7分間は、私がもっとも気に入っている「本物のスロートレーニング」の手法です。
身体的にも凄く効果的なトレーニングです。
それだけでなく、心にも良い効果があります。
忙しい方でも本格的なトレーニングができるようになります。
7分間、トレーニングだけに集中するので、フロー(幸福感に溢れ、ひとつのことに集中した状態)になれます。

レビューとか体験談とか、どうなんだろう?

「筋肉が増える」→「基礎代謝があがる」→寝ていても多くのカロリーを消費するようになる。
筋肉の量が10ポンド増えると。
同じ運動を続けていると身体が慣れてきて、少ないカロリーで運動を遂行できるようになります。
大事なのは、筋肉が増えることです。
これは適応反応ですが、体脂肪を減らす場合にはありがたくない話ですね。
1日に500カロリーも余分に燃やすようになります。
こういうことです。

アメリカの学者の中には
「1ポンド筋肉が増えると1日に50カロリー余分にカロリーを消費するようになる。それも安静状態で。」
という人もいます。
筋肉が発達して太くなる、
筋肉量が増える→1日に消費するカロリーが自然に増える→体脂肪が自然に減る→身体が引き締まって見える。
これが真実ですね。
この事実からわかるのは「筋トレをやっただけ」では体脂肪を減らしたり、身体を引き締める効果はないです。
エアロビクス運動の場合、500カロリーを燃やす運動は1時間以上かかるのが普通です。
これが真実です。
ちょっとした算数をやってみましょう。

って、言ってるから、
とにかく、挑戦する価値はありそうだなー。

→詳細はこちら