本物のスロートレーニング 山田豊治 Power10トレーニング協会会長体験談と口コミ 評判(レビュー)

未分類
historicalsocietiesnh.org
Pocket

本物のスロートレーニング 山田豊治 Power10トレーニング協会会長体験談と口コミ 評判(レビュー)

→詳細はこちら

本物のスロートレーニングを作った山田豊治 Power10トレーニング協会会長さんの経歴って、本当?

「筋肉が増える」→「基礎代謝があがる」→寝ていても多くのカロリーを消費するようになる。
筋肉の量が10ポンド増えると。
同じ運動を続けていると身体が慣れてきて、少ないカロリーで運動を遂行できるようになります。
大事なのは、筋肉が増えることです。
これは適応反応ですが、体脂肪を減らす場合にはありがたくない話ですね。
1日に500カロリーも余分に燃やすようになります。
こういうことです。

アメリカの学者の中には
「1ポンド筋肉が増えると1日に50カロリー余分にカロリーを消費するようになる。それも安静状態で。」
という人もいます。
筋肉が発達して太くなる、
筋肉量が増える→1日に消費するカロリーが自然に増える→体脂肪が自然に減る→身体が引き締まって見える。
これが真実ですね。
この事実からわかるのは「筋トレをやっただけ」では体脂肪を減らしたり、身体を引き締める効果はないです。
エアロビクス運動の場合、500カロリーを燃やす運動は1時間以上かかるのが普通です。
これが真実です。
ちょっとした算数をやってみましょう。

っいうのは本当かなあ。

効果あり?

口コミや体験談はけっこう評判がいいみたいなんだけど

本当に効果あるのかなぁ?

⇒ 購入した人の気になる感想をみつけた

私は、よく「スーパー銭湯」に行きます。
スロートレーニングは、筋肉に物理的にダイレクトに刺激を与えます。
そして、見知らぬおじさんに言われること。
「エエ身体をしとるなあ。1日にどのくらいのトレーニングしたら、そんな身体になれるのや?」
私は、こう答えます。
強い刺激を与えられた人体は、回復するためにより時間が必要になります。
トレーニング頻度は、上級になれば、減っていくのです。
それで、大量のトレーニングをやるために時間をかける必要があるのです。
慣れるに従って、より強い刺激を与えることができるようになります。
結果として、スロートレーニングの上級者になると「1週間から10日に1回のトレーニング」に移行していきます。
従来の筋トレや本屋さんに並んでいる「スロートレーニング」「すろとれ」本のトレーニングでは
筋肉に的確な刺激を与えることができません。
「えーと。1週間から10日に1回。30分以内ですね。」
大抵、おじさんは、目を白黒してビックリしています(笑)

試してみてもいいかなあ。欲しくなってきたなー。

→詳細はこちら

Related Post