国峯雄太 心体きこう塾の慢性疾患、精神病、不定愁訴などの難治性症状を改善する 体験談 実際のビフォーアフター

未分類
historicalsocietiesnh.org
Pocket

国峯雄太 心体きこう塾の慢性疾患、精神病、不定愁訴などの難治性症状を改善する 体験談 実際のビフォーアフター

→詳細はこちら

ネットで悩みを解決する方法を探していて見つけたのが、
国峯雄太 心体きこう塾さんが書いた「慢性疾患、精神病、不定愁訴などの難治性症状を改善する」
インチキだったら嫌なんだけど、これは本当の効果かなぁ。

国峯雄太先生のセミナーも診察でも、とても勉強になりました。
どうもありがとうございました。
抗がん剤の治療で、指先が赤く痛くなり、たまらなかったものが、冷却したら、痛みも消えてとても楽になりました。
朝早く起きて歩くと、朝の空の移り変わりや自然の様子が気持ち良く、自然に生かされてる気持ちになります。

って、すごいよね。

悪い評判とか、暴露話はないのかな?

今までは、体調が良くないと、マッサージや薬などに頼っていましたが、
国峯雄太先生に、自分の身体が持つ「治癒能力」を活かす方法を教えていただいてからは、
色々実践しながら体調を整えられるようになってきました。
そして、難しくない。
病院の検査や医師の治療や投薬は、必要に応じて、効果的に用いるとしても、それが全てではないと、私は思います。
病や不調は、病院や周りの人が治してくれるのではありません。
自分の身体を自分で信じて良くしていく、その方法を、国峯雄太先生に教えていただきました。
何よりも、自分のカラダを信じて大切にしていく方法を学べる講座です。
私は、現在も癌治療後の診察で通院しています。
2年半前に乳癌の手術をうけ、抗ガン剤治療を受けました。
そこからが、病の治療の始まりだと知りました。
癌というのは、患部を取り除き、退院したら終了ではありません。
抗ガン剤の副作用と50歳という年齢を考えると、こんなものなんだろうと諦めて納得していました。
国峯雄太先生に教えていただいた、足底筋を鍛えるストレッチを始めてから、
むくみや関節痛、たちくらみが減り、身体を動かす事が苦痛で無くなりました。
抗ガン剤治療が終了してから、身体の機能がなかなか戻らず、常に、身体の痛みやダルさ、疲労を抱えていました。
最終的には、自分が自分で治すのです。
国峯雄太先生の教えは、今まで私が常識としてきた事と真逆な教えが沢山ありましたが、
自分の身体を中心に考えると、いたってシンプルで理にかなった教えです。

わりと簡単そうだから、私にもできるかな。試してみる?

→詳細はこちら

Related Post