鬱病と離婚

鬱病と離婚

鬱病がきかっけで離婚をしたいと考えている人も少なくありません。

しかしパートナーが病気になったからといって離婚をするということは、抵抗があると感じている人も多く鬱病になったから離婚が出来ないというのが多いようです。

鬱病にかかる前から離婚を考えては居たけれど、たまたま鬱病にかかってしまったことが原因で、離婚がしにくくなったというケースもあります。

離婚を言い出そうと思っていた矢先にパートナーが鬱病にかかり、そこで離婚を切り出せば、鬱病がきっかけで離婚したいと思うようになったと思われるのがいやで、それ以後も我慢し続けている人もいます。

しかし鬱病というのは家族の支えも大切ですし、普通の夫婦関係でも鬱病のパートナーを支えるというのはかなり大変なことですから、ましてや離婚をしたいと思っていた人の鬱病のサポートをするというのはかなり大変で苦痛なことだと思います。

鬱病であることが理由で離婚しないにしても、今現在鬱病にかかっている人に離婚を申し出るというのはなかなか難しいと考えることが多く、不当な離婚の申し立てと見られても仕方がないのかもしれませんね。

こうしたケースは最近とても増えているといわれていますから、離婚問題と鬱病とは全く別の問題としてとらえ、弁護士を間に入れて、両者二人だけの話し合いではなく冷静に客観的に間に入ってくれる人を依頼することが大切です。

鬱病になったから離婚しにくくなったケースは増えています。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム