鬱病と保険

鬱病と保険

鬱病にかかってしまった人というのは、なかなか生命保険に入るということが難しくなるといわれています。

現在すでに生命保険に入っていて鬱病にかかってしまった場合には、特に問題ないと思いますが、それ以後また新たに生命保険に加入したり、新しく生命保険の更新時期が来たりした場合には、やはり鬱病だというだけで、生命保険の審査が厳しくなったり、保険料が高くなるという可能性があります。

鬱病の人というのは自殺をする可能性が他の健常者の人に比べるとかなり高くなっていますから、それが原因で、鬱病だから保険に入りにくいという状況になってしまったり、鬱病の人は生命保険金が下りないというようなケースになるのです。

鬱病で自殺をしてしまった場合に生命保険金を受け取ることが出来るのかということについては、生命保険金が下りる保険会社もあれば、生命保険金が下りない会社もありますので、契約をするときに自殺による生命保険の規約についてはしっかりと目を通しておいた方がいいでしょう。

そして鬱病の人の対応についての生命保険の規約などに記載されていると思いますので、自分が加入しようと思っている保険がどんな生命保険なのか、よく理解したうえで、鬱病でも入れるのか、それとも入れないのか、入れたとしても保険料が高くついてしまうのかなど、ケースをよく見極めて生命保険に入った方がいいでしょう。

ですがどこの生命保険会社もなかなか鬱病に対しては、よくないイメージを持っているのは事実です。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム