鬱病と復職

鬱病と復職

鬱病で復職を考えている人は実際には多いのですが、なかなか休職中に復職したいとは思っていても難しいのが現状です。

鬱病で復職を望む場合には、まずは復職する先の職場がどのような環境になっているのか、その点を知ることが大切です。

鬱病で休職していたことを受け入れてくれていて、理解してくれているかどうか、それがポイントになってくると思います。

もしもできることであれば、職場と、従業員支援プログラムなどの団体が連携を取って、サポートしてくれるということが出来れば一番安心ですが、なかなかそういったサポートをかって出てくれる会社は少ないのではないでしょうか。

もしも復職が無理でも、リハビリを行ったり出勤制度に関しても少し他の従業員と差別化を図ってもらったりすることが復職への第一歩につながると思います。

だいたい復職先の上司や会社の方針、理解によってどんな形であれ復職が可能な場合もありますが、会社が理解してくれないような場合には、鬱病を悪化させたり再発させてしまう可能性もあると思いますので、十分に注意しなければいけません。

復職する鬱病患者さんにとっては、きちんと仕事にいける精神力と、基礎体力が元通りに戻ることが大切なことです。

復職支援プログラムを実施している団体や市などもありますので、それらを利用してみると、早い段階での職場復帰も可能になると思います。

鬱病の人の復帰はなかなか大変ですが、あせらずに気長に行くことが大切です。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム