鬱病の相談

鬱病の相談

鬱病の相談というのは、なかなか本人が誰かに話すというのは難しいといわれています。

鬱の症状にもよるのですが、鬱病の症状がある人というのは気分が沈んだり、色々と感じたりして、対人関係の面でも普段の時に比べると若干気持ち的に下がっていることが多いですから、普段なら、何でも誰かに相談できるという人も、鬱病にかかってしまうと、コミュニケーションをとることが難しくなり、そのことから、普段の状態に比べると、鬱病にかかっているかもしれないと打ち明けることも難しくなるといわれています。

家族に相談をして、家族にサポートしてもらえるという人はいいのですが、なかなか家族のサポートも受けづらい環境にある人もいるかも知れません。

鬱病というだけで、告白された人や相談された人が困ったり、ひいたりするのではないかと思ってしまうケースもよくあります。

もしも今鬱病に悩んでいるとしたら、一刻も早く誰かに相談をして、一人で抱えている悩みや鬱病について、話をして気を楽にしてもらいたいですね。

鬱病に関する相談窓口としては、色々とあり、例えば医療機関や病院で鬱病の相談をすることもできますし、それ以外に、行政や団体などでも、鬱病の相談が出来るケースが増えています。

鬱病の相談が出来る場所をまずは自分で見つけることから始めて、重度の鬱病にかかっている場合には早く家族に相談をして、家族が、相談窓口に連絡をしてあげるくらいがいいかも知れません。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム