鬱病の副作用

鬱病の副作用

鬱病の治療の中心は抗うつ薬による薬物治療です。

薬を服用する限り副作用というのは必ずあります。

自然のものであるハーブや漢方薬にも副作用はあります。

しかし副作用に対して実際よりも過剰に構える必要はありません。

副作用について正しい知識をもって薬の服用方法を守ることが必要です。

鬱病の治療で抗うつ薬を服用することで起こりうる副作用には、食欲不振、喉の渇き、倦怠感、頭痛、めまい、震え、眠気や尿の出にくさ、性欲の減衰、性機能の異常、発疹などがあります。

それ以外にはSSRIのパキシルという抗うつ薬には副作用によって自殺を誘発する危険性が報告されているそうです。

しかし鬱病の治療につかう抗うつ薬による自殺は非常に稀な事例で、この抗うつ薬を服用している人の割合ではごく少数であり、服用法を誤ったための症状だとも考えられます。

しかしこのように鬱病の症状を改善する薬によって自殺を誘発するような副作用が起こる可能性が僅かでもあるのはなぜでしょうか。

実際には副作用について把握できていない部分もあるというのが実情だと思います。

この問題は鬱病治療薬の抗うつ薬の働きに大きな原因があるのではないかという意見があります。

抗うつ薬は脳内の神経伝達物質の分泌異常を改善することが目的ですが、抗うつ薬によってこれらの物質の分泌量自体を増やすわけではなく、見かけ上の分泌量をふやすことで鬱病の症状を改善させているのだそうです。

だから薬の服用を止めれば鬱病が再発する可能性が高く、このときに自殺を引き起こすという可能性があるという考え方があります。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム