鬱病とセロトニン

鬱病とセロトニン

鬱病の発症メカニズムは脳内の神経伝達の働きをするホルモンと大きく関係しています。

セロトニンは脳内の神経伝達を行うホルモンの一種でトリプトファンという必須アミノ酸を代謝するなかで作られます。

セロトニンは、快楽や歓びの感情に関わるドーパミンや驚きや恐れの感情に関わるノルアドレナリンなどのほかの神経伝達物質からの情報を集約しコントロールして精神を安定させる役割があるのですが、このセロトニンの分泌が不足すると、感情をコントロールしにくくなり、鬱病になったり快楽を断ち切れずに依存症になったりするいうことが報告されています。

ノルアドレナリンは分泌する量で神経の興奮状態をコントロールする物質で、このノルアドレナリンの不足は鬱病の原因になります。

ノルアドレナリンは分泌が不足すると意欲が沸かない、無気力で無関心という鬱病の症状が現れる原因になります。

反対にノルアドレナリンという神経伝達物質は過剰に分泌されると自殺や脅迫観念、不安感、などの鬱病に見られる悲観的で消極的な気持ちの原因となります。

またドーパミンは分泌に異常をきたすと忘れっぽくなったり記憶力が低下したり、反応が鈍く無力感や無気力になる、また注意力や集中力も著しく低下するなど、鬱病の症状の原因となります。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム