すぐにできる鬱病の克服法

すぐにできる鬱病の克服法

鬱病の症状を悪化させないために大切なことは、鬱病になると現れる「悲観的になる」「自分が価値のない人間に思える」などの後ろ向きで否定的な考え方をしてしまった場合に、それらを鬱病の症状だと理解して割り切ってしまうことです。

何かをやろうとしても出来ないことも鬱病の症状だと理解して無理にやろうとしたり出来ないはずがないと考えないことが大切です。

鬱病の治療によって症状が改善されてくれば、これらの否定的な考え方も治まってきます。

鬱病から回復するまでの間は、自分が出来ると思ったこと以外を請け負わないようにする、自分ができる小さなゴールを作って出来ることから取り掛かるようにする、気持ちが前向きになる活動に参加し、鬱病であることはなるべく打ち明けるようにしながら一人にならないように人と一緒にいる時間を多く持つ、激しくない程度の運動や社会活動・スポーツ観戦・映画鑑賞などをする、大切な決断(退職、出産、結婚、離婚など)は鬱病が回復するまで延期する、鬱病は急に回復しないので気長に治療しようという気持ちをもつ、鬱病で苦しんでいることをまわりの人に伝えて助けを求めるようにする、などを心がけることが大切です。

これらはすぐにでもできる鬱病克服のための方法です。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム