ひろがる鬱病

ひろがる鬱病

鬱病の症状は自分では判断しにくく、身体に異常を感じて医師の診断を受けても発見できないケースもある病気です。

しかし近年は鬱病にかかる人の数が急増しているのだそうです。

芸能人などの有名人でも鬱病にかかったという方が少なくありません。

さらに鬱病の自覚はなくても鬱病の症状に当てはまる人はみなさんの周りにも多くいらっしゃるのではないかと思います。

日本では不況の影響ということもいわれていますが、年間の自殺者は3万人を超えているとのことですし、日本人10人のうち1人が鬱病の症状をもっているといわれています。

人間はどんな人でも1人きりで1ヶ月間監禁されると精神が正常ではいられなくなるそうです。

どんな人あっても人間の精神は脆いものなのです。

だから鬱病は誰もがなる可能性のある病気だと言えます。

しかしながら鬱病は見逃されやすい症状が多いので発見されていないケースも多いといわれています。

特に日本人の良いとされている精神論に、「頑張ること」「我慢すること」「忍耐強い」というものがあります。

これらは素晴らしいことなのですが、過剰になると精神的な負担がかかり、これが鬱病のきっかけとなります。

日本人は鬱病になりやすい国民性をもっているといえます。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム