鬱病の治療薬について

鬱病の治療薬について

鬱病の治療には抗うつ剤を服用することが一般的です。

鬱病の治療で抗うつ薬を飲むと便秘になることがあるようです。

また、抗うつ薬によって口の渇きを感じるようになることもあるようです。

これは鬱病の治療につかう薬によって抗コリン作用と呼ばれる副作用が起こるためなんだそうです。

鬱病の治療に使用される抗うつ剤にはアセチルコリン受容体と呼ばれる脳内のセンサーのような部分に結合する性質があります。

この結びつく性質によって、大腸が活発に動くようになるので、水分が過剰に吸収されて、鬱病の薬物治療中には便秘になったり口や喉が乾いたりということが起こります。

鬱病の治療で三環系のトリプタノール錠やアモキサンカプセルという抗うつ薬を服用してひどい便秘になり、SSRIのルボックスという抗うつ薬に変えたという例もあるそうです。

前立腺肥大症を煩っている人は鬱病の治療で抗うつ薬を服用することで尿が出にくくなるケースがあるそうです。

急性閉塞隅角緑内障をはじめ緑内障の方は、鬱病治療によって抗コリン作用で眼圧が上がって緑内障の症状をより悪くさせる危険があるそうです。

これらの病気に人は鬱病の治療について、前もって医師に相談することをお勧めします。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム