仮面鬱病

仮面鬱病

鬱病は心の病気と言われることもあるように精神的な症状が現れるものだと思われがちですが、鬱病の症状はまず身体的な症状として現れることが多いです。

身体的な症状と平行して精神的な症状も現れはじめるのが一般的な鬱病の症状なのですが、鬱病の精神的な症状が表面上現れないで身体的な症状ばかりが現れる鬱病の状態のことを「仮面鬱病」を呼んでいます。

本来現れるはずの精神的な症状が強い身体的症状に隠れた状態であるために仮面鬱病という病名で呼ばれているのです。

鬱病の精神的症状には、悲観的思考、意欲低下、絶望感、憂鬱環などがありますが、これらの症状が表面化しないのが仮面鬱病の特徴です。

反対に仮面鬱病の場合は頭痛やめまい、肩こり・腰痛、疲労感や眠気が解消されない、食欲が出ない、過食気味などの身体的な症状がより強く現れます。

仮面鬱病も普通の鬱病と同様に、今までやっていたことをするのが急に億劫に感じるようになり、出来なくなってしまいます。

しかし仮面鬱病の症状は普段でも感じる身体の不調と変わらないので、本人はもちろん診断した医療機関でさえもなかなか鬱病であることを発見することができない場合が多いようです。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム