季節性鬱病とは

季節性鬱病とは

季節性鬱病とは、冬季鬱病とも呼ばれている鬱病の一種で毎年秋から冬の季節になると気分が落ち込み、何事にもやる気が出なくなる症状のことをいいます。

この季節性鬱病も症状がひどい場合には、日常の生活が行なえないようになることもあるそうです。

季節性鬱病は気温が低くなり寒くなっていくほど身体が重たく感じたり頭がはっきり冴えないようになるようです。

これらは日照時間が短くなっていくにつれて起こるとも言われています。

季節性鬱病の症状も気持ちが塞ぎがちになり、前向きな考えができなくなり悲観的になります。

また十分に睡眠を取っていても眠たくて起きられない症状がみられたり、パンや米やスナック菓子などの炭水化物が食べてくなる症状が現れることもあるようです。

このような症状が続くのであれば季節性鬱病の可能性があると言えます。

季節性鬱病は冬季に発症することが多いといわれていますが、冬だけでなく夏に季節性鬱病が発症するケースもあるのだそうです。

季節性鬱病はだいたい同じ時期に毎年繰り返し症状が現れることが多いようですが、一定の時期を過ぎると回復するので、鬱病だという自覚がない人がほとんどで治療することもないままということが多いと予想されます。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム