鬱病の疑いがあるときには

鬱病の疑いがあるときには

鬱病には明らかな症状というものがありませんから、もし自分自身で鬱病かもしれないと思ったら、まずは鬱病だと思われる症状が続いている期間を考えてみましょう。

鬱病の症状(とくに精神的な症状)が一時的に発症することは、意外とよくあります。

ちょっとした気の沈みや落ち込むことは日常生活のなかでもよくあることです。

しかしこれらの症状が2週間以上継続している場合には鬱病の可能性が高いです。

そのような場合は鬱病の専門医に相談してみることをお勧めします。

軽い鬱病の症状のうちに専門医に相談することで症状が悪化するまえに鬱病治療ができますし、相談できる人がいて安心できることが鬱病の改善には大切なことです。

医師に相談することを避けたいと思うことが鬱病の特徴ですし、そう思ったのであれば医師に相談することがより大切でしょう。

診断を受けて鬱病ではなかったとしたら心配ごとがひとつなくなるわけですから、どちらにしても気軽に相談できる専門医の診断を受けてみることです。

精神科というのは行きにくいところだとは思いますが、本当に鬱病になっているのであれば専門の医師ほど頼りになる相手はいません。

鬱病かもしれないと思ったら、ぜひ鬱病の専門医に相談してみるべきだと私は思います。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム