鬱病 病院 東京 ランキング

ストレス社会の現在、ストレスがたまっている人は多いでしょう。

仕事のストレス、学校のストレス、友人関係に親子関係のストレス、その他さまざまなことからストレスは生じます。

ストレスをまったく感じないという人は恐らくほとんどいないでしょう。

毎日多かれ少なかれストレスを感じて生きている現代人の多くがうつ病になっています。

WHO(世界保健機関)の調査では、うつ病は増加の一途をたどっており、人口の3~5%もの人がうつ病になっているという結果が出ています。

もちろんうつ病の原因はストレスだけではありません。

しかし、うつ病とストレスは密接に繋がっているといえるでしょう。

そのため、毎日の生活の中でいかにストレスをためないように気をつけるかが非常に大切になってきます。

どんな人がうつ病になりやすいか知っていますか?
うつ病になりやすい人には完ぺき主義者、まじめで責任感が強い人、几帳面で何事も自分でやらないと気がすまない人、頑固で柔軟性にかける人、他人の評価をいつも気にしている人、物事を悲観的にとらえる人、自己否定ばかりする人、優先順位の設定ができない人などがあげられます。

うつ病はなりやすい人というのはありますが、必ずしも先に記述した人がうつ病になるわけではありません。

うつ病はストレスだけでなく生活の変化、環境の変化も密接に関係しています。

配偶者の死、リストラ、引越し、転職、離婚、多額の負債、病気、いじめなどもうつ病の原因となる可能性があります。

うつ病、あなたは大丈夫ですか?

うつ病を防ぐには自分を優しく見守ってあげる必要があります。

完ぺきな人なんて存在しません。

一人でできない時は焦らず頑張りすぎず、他の人の助けを借りましょう。

また、頑張っている時は自分をほめるくらいの余裕をもちましょう。

いつもギリギリで切羽詰っている人は、朝少し早く起きて散歩したり、夜寝る前にストレッチをしたり、ゆっくり入浴したりして、リラックスする時間を持ちましょう。

また、悩み事がある場合は1人で抱えずに誰かに相談するようにしましょう。

うつ病対策をしていても、それでもうつ病になってしまったら、早めに精神科・心療内科に行って治療をしましょう。

うつ病の治療は休養と薬物療法、精神療法があります。

基本的には抗うつ薬での治療がメインとなります。

うつ病は早めに治療を受けることで、早い回復を期待することができます。

放っておくと自分を見失い、自殺につながることもあるので注意が必要です。