鬱病 病院 東京 評判

鬱病 病院 東京 評判

なんだか最近体がだるくて何をやっても気分が憂うつでやる気がしない。

食欲もないし、めまいもする。

もしそんな状態が2週間以上続いていたら要注意です。

もしかしたらそれはうつ病の兆候かもしれません。

うつ病かなと思ったら早めに精神病院か心療内科に行くことが大切です。

本格的にうつ病になってしまうと、あなたの生活ががらりと変わってしまいます。

うつ病になるといままで好きだったことや興味があったことに興味がなくなったり、楽しいと思っていたことが無意味に思えたりするようになってしまいます。

また、自分はだめな人間だと自信喪失したり自己批判したりするようになってしまいます。

そしてひどくなると自殺願望が出て自殺をしてしまう場合もあるのです。

またうつ病の人の中にはお酒に逃げてアルコール依存症になる人もいます。

アルコールはうつ病を知らせるサインの1つでもあります。

もし家族や友人が急にアルコールの量が増えたときは、うつ病のことも考えてください。

うつ病になると眠れなくなったり、気が滅入ったり、不安が募るため、それを紛らわせようとしてお酒に逃げて、酒量が増えることがあるのです。

そしてその結果アルコール依存症になることがあります。

お酒に依存することは体にもそしてもちろん心にもいいことではありません。

また、うつ病患者のアルコール依存は自殺の危険性を高めるといわれており特に注意が必要です。

うつ病はきちんと時間をかけて治療すれば治る病気です。

精神科に行ったり心療内科に行くのはみっともないことだと思ってしまい行くことができずに悩んでいる人も多いでしょう。

しかし、うつ病は珍しい病気でも恥ずかしい病気でもありません。

うつ病は心の風邪とも呼ばれるほどよくある身近な病気なのです。

そして風邪のようにこじらせると大変なことになる病気でもあります

うつ病かなと思ったら迷っていないでまずは精神科や心療内科で診察してもらいましょう。

うつ病の治療は複雑なことをするわけではなりません。

基本は休養と薬物療法、そして精神療法です。

薬物療法には抗うつ薬を用います。

精神療法は医師や心理療法士によるカウンセリングになります。

うつ病は病院に1,2回行けば治るわけではありません。

心の病であるうつ病は慌てず時間をかけてじっくりと治療しなければなりません。

そのため信頼できる病院、安心できる医師のもとで治療することが大切です。

きちんと話しを聞いて親身になってくれる医師のもとで治療をしましょう。

また、抗うつ薬は副作用が出る場合もあるので、薬についてきちんと説明してくれる医師を選びましょう。