青坂式 糖尿病改善プログラム 糖尿病改善5ミニッツ 青坂一寛買ってみた その効果と実践記ブログ

未分類
historicalsocietiesnh.org
Pocket

青坂式 糖尿病改善プログラム 糖尿病改善5ミニッツ 青坂一寛買ってみた その効果と実践記ブログ

→詳細はこちら

青坂一寛さんの青坂式 糖尿病改善プログラム 糖尿病改善5ミニッツっていうマニュアルが
たまたま、ネットで話題になってるのを見かけたんだけど・・・

この青坂式 糖尿病改善プログラム 糖尿病改善5ミニッツ、

何か、特別なことをやってます?」と首を傾げられました。

私はわらにもすがる思いで、これに飛びつきました。

身体のだるさを感じて病院に行ったところ、C型肝炎と診断されたのは今から4年前のことです。

「ここまで下がったら、糖尿の薬は止めてみましょうか」と主治医はいいました。

栄養をしっかりとって、運動も疲れるので、なるべく動かないようにしていました。

本当に感謝しています。

肝炎患者である私は、食事制限も危険だし、すぐに疲れてしまうので運動療法もできません。

八方ふさがりでした。

ところがそんな生活が1年ほど過ぎた頃、血液検査の結果を見た主治医が、
「このままじゃ、糖尿病になる」
と言ったのです。

肝炎の治療は、とにかく安静にしていること。

一時は、9.2%にまで上がってしまったヘモグロビンA1c値は、1月後には7%、3ヶ月後には6.5にまで下がりました。

この「青坂式 糖尿病改善プログラム 糖尿病改善5ミニッツ」のおかげで、私は入院も薬も回避できました。

っていうのは、本当かなぁ?

そんなに簡単にうまくいくのか、疑問だけど。

まさか、20年間の通院生活に、終止符が訪れるなんて。

始める前は8%を超えていたヘモグロビンA1c値がたった一月後には6%にまで
食事療法と運動療法は続けましたが、薬は必要なくなり、通院もやめました。

同業者の知人から、青坂一寛先生の方法を教えてもらい最初は半信半疑で取り組みました。

中華料理店を経営する私は、職業柄、脂っこく、味の濃いものをよく食べます。

通院当初は、空腹時血糖値が640㎎/dlもありました。

すっかり良くなったからです。

そのせいもあって、若い頃から血糖値が高く、医者にもよく注意を受けていました。

20年も通院して良くならなかったものがこんな簡単な方法で治るわけがないと思ったからです。

運動療法を続けてきました。

下がってしまったのです。

今は受けていません。

私は約20年間、糖尿病で通院治療を受けていました。

3か月後には、ついに5.5%。すっかり正常値に落ち着きました。

でも、血糖コントロールはなかなか上手くいきませんでした。

病院では、血糖降下薬の処方を受け、医師の指導に従って、お決まりの食事療法

やってみる価値ありかなあ。

なんか面白そうだね。

→詳細はこちら