鬱病 家族 接し方 本

鬱病 家族 接し方 本

なんだか体がだるい。

何をやっても集中できないし、やる気がおきない。

すべてのことがマイナス方向に進んでいる気がする。

そんな状態が続き病院に行ったらうつ病と診断された。

これはかなりショックなことでしょう。

しかし、うつ病はは珍しい病気でも恥ずかしい病気でもありません。

うつ病は自覚症状がないので気づかない人も多いのですが、実は人口の3~5%もの人がうつ病にかかっているというデータがあるほど、よくある病気なのです。

うつ病は放っておくと大うつ病となり、回復するのが大変になることがあります。

また、最悪の場合、自殺をしてしまう人もいます。

ですから、気づかないで悪化し回復に時間がかかったり最悪な事態になる前に気づくことができたほうがずっといいのです。

うつ病は早期発見できれば、比較的短期間の治療で治すことができます。

もし、家族や恋人、友人などがうつ病の兆候をみせたら注意してください。

うつ病の兆候
・ あまり話さなくなる
・ 今まで興味があったものや好きだったものに対して無関心になる
・ ぼんやりして集中力がなくなったようにみえる
・ 急に遅刻や早退、欠席などが増える
・ だるさや体の不調を訴える
・ 食欲がなくあまり眠れなくなる

うつ病の人は焦りったり自分を責めたりし、心に余裕がなくなっています。

接する時は注意をする必要があります。

うつ病の人と接するときの注意点
・ 話しを親身になって聞き、辛い気持ちに共感を示す
・ 会話の中で否定的な表現を使わないようにする
・ 自分は敵ではない、見方であるという姿勢を示す
・ 励ますような言葉をかけない
・ 決して自殺をほのめかすような言動はしない
・ イベントに無理やり誘ったり、気分転換を促がさない

うつ病の人には周りの人の理解と温かい助けが必要です。

病気の人がいるとつい励ましたくなりますが、うつ病の人は頑張ってと励まされるとそれがプレッシャーになり、余計に悪化してしまいます。

励ますのではなく、安心して休めるように温かく見守りましょう。

また、元気がないなら外に連れ出して気分転換してもらおう、という考えもうつ病の人にはマイナス効果です。

気分転換しなくてはいけないという義務感に押しつぶされたり、楽しんでいる人をみて疎外感を感じて症状がひどくなってしまう場合があります。

気をつけましょう。

うつ病の人はケガをしているわけではないので、ふとしたときに病気であることを忘れてしまいがちですが、うつ病はれっきとした病気だということを忘れないで下さい。

うつ病の人と接するときは焦ったりイライラしたりせず、ゆったりとした心で接するように心がけましょう。