緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム 株式会社アイリス買っちゃう?実際の体験談と効果

未分類
historicalsocietiesnh.org
Pocket

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム 株式会社アイリス買っちゃう?実際の体験談と効果

→詳細はこちら

株式会社アイリスさんが出している緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムが、
とてもいいって言うけど、やった人いるかなあ。

このような硬いままで放置しておくと、視神経が圧迫されダメージを受けて視野が欠けてしまうのです。
実際はそうではありません。
実は眼圧を下げる目的で用いられる点眼薬「チモプトール」はβー遮断薬という系統のお薬。
眼圧を下げる「ミケラン」や「ハイパジール」という点眼薬も同じ成分のものが、
血圧を下げる内服薬としても使われているのです。
そもそも、眼圧が高いとどうして緑内障になるのでしょう。
これまでの眼科治療では眼圧と血圧、自律神経は関係のないものと思われてきました。
ちょうど水を入れ過ぎた水風船のような状態。
これは、内服薬としては、自律神経に作用して、血圧を下げるお薬として使われています。
要するに血流の改善、自律神経の改善は眼圧を下げるとともに、
眼圧以外の原因にも有効な緑内障改善のための最先端のアプローチなのです。
これまでの眼科治療では、点眼薬でこの眼圧を下げていました。
普段、眼球に出入りする水(房水)の出る量と入る量は一定ですが何らかの原因で出にくくなると、
その房水が中に溜まってしまうので眼圧があがってしまいます。
パンパンに張って硬い状態をイメージをしてください。
治療の手だてがないと思われていたのです。

ネタバレとか、体験談を見たくて探していたら、このサイトを見つけたよ。

当然、眼圧が原因ではない緑内障に対しても、眼圧を下げる処置をいくら行っても、意味はありません。
では、「眼圧以外の原因」は何でしょうか?
緑内障の原因は、眼圧の問題だけではない」のです。
緑内障は、「眼圧が高くなることで視神経が異常をきたす病気」というのが定説です。
それは「血流」と「自律神経」なのです。

って言ってるね。

何だかいいみたい。私も気になってきた。

試してみようかな。

→詳細はこちら