ひろがるうつ病

ひろがるうつ病

うつ病の症状は自分では判断しにくく、
身体に異常を感じて医師の診断を受けても発見できないケースもある病気です。

しかし近年はうつ病にかかる人の数が急増しているのだそうです。

芸能人などの有名人でもうつ病にかかったという方が少なくありません。

さらにうつ病の自覚はなくてもうつ病の症状に当てはまる人は
みなさんの周りにも多くいらっしゃるのではないかと思います。

日本では不況の影響ということもいわれていますが、
年間の自殺者は3万人を超えているとのことですし、
日本人10人のうち1人がうつ病の症状をもっているといわれています。

人間はどんな人でも1人きりで1ヶ月間監禁されると精神が正常ではいられなくなるそうです。

どんな人あっても人間の精神は脆いものなのです。

だからうつ病は誰もがなる可能性のある病気だと言えます。

しかしながらうつ病は見逃されやすい症状が多いので発見されていないケースも多いといわれています。

特に日本人の良いとされている精神論に、
「頑張ること」「我慢すること」「忍耐強い」というものがあります。

これらは素晴らしいことなのですが、過剰になると精神的な負担がかかり、
これがうつ病のきっかけとなります。

日本人はうつ病になりやすい国民性をもっているといえます。

うつ病の特効薬はあるか

うつ病にかかると落ち込みやすくなり自傷ばかりしてしまいます。

街中で人とすれ違いさまに肩が当たるだけでも落ち込むことがあるんだそうです。

しかしこれがうつ病という病気によるものであれば、
気力ややる気で改善することはできません。

他の病気と同じで治療しなければならないのです。

うつ病の治療には抗うつ薬や精神安定剤といった薬を服用する薬物治療を中心とした
治療法が主流になっています。

これらの薬を服用することで少しずつうつ病の症状が改善する効果が確かめられています。

しかしうつ病には特効薬というものはありません。

なぜならばうつ病という病気の発症の仕組みや、
現れる症状について医学的に解明されていないからだそうです。

これらが解明されていなければ特効薬もできません。

しかし風邪のような身近の起こっている病気にも実は特効薬というものがありません。

風邪の治療に用いる薬は風邪ウィルスを駆除する薬ではなく、
熱や咳、鼻水などの風邪の症状を和らげる効果しかないのだそうです。

うつ病の治療にも風邪薬と同じように症状を和らげ改善していく効果しかありませんが、
この治療法が最も有効なうつ病の治療法だとされています。

うつ病もほかの病気の場合と治療法に大差はなく、
病院の診断を受け、処方された薬を飲んで十分な休養をとることが基本です。

すぐにできるうつ病の克服法

うつ病の症状を悪化させないために大切なことは、
うつ病になると現れる「悲観的になる」「自分が価値のない人間に思える」などの
後ろ向きで否定的な考え方をしてしまった場合に、
それらをうつ病の症状だと理解して割り切ってしまうことです。

何かをやろうとしても出来ないこともうつ病の症状だと理解して
無理にやろうとしたり出来ないはずがないと考えないことが大切です。

うつ病の治療によって症状が改善されてくれば、これらの否定的な考え方も治まってきます。

うつ病から回復するまでの間は、自分が出来ると思ったこと以外を請け負わないようにする、
自分ができる小さなゴールを作って出来ることから取り掛かるようにする、
気持ちが前向きになる活動に参加し、
うつ病であることはなるべく打ち明けるようにしながら
一人にならないように人と一緒にいる時間を多く持つ、
激しくない程度の運動や社会活動・スポーツ観戦・映画鑑賞などをする、
大切な決断(退職、出産、結婚、離婚など)はうつ病が回復するまで延期する、
うつ病は急に回復しないので気長に治療しようという気持ちをもつ、
うつ病で苦しんでいることをまわりの人に伝えて助けを求めるようにする、
などを心がけることが大切です。

これらはすぐにでもできるうつ病克服のための方法です。

サーモンでうつ病治療

日本を始め近代社会での働き盛りの人(特に男性)の自殺が深刻な問題になっていますが、
この自殺に大きく関わっているのがうつ病だと言われています。

うつ病の研究が日本よりも進んでいるアメリカでは最近の研究で、
魚に含まれる成分がそう病うつ病の改善に効果があることが分かってきたんだそうです。

これはサーモンなどの魚に含まれるオメガ3脂肪酸といわれる栄養素の効果で、
オメガ3脂肪酸を摂取したうつ病患者はそううつ病の症状が緩和する期間が長くなるのだそうです。

オメガ3脂肪酸は人間の体内で作り出すことができない栄養素なので、
食品から摂取することが必要です。

日本でもこのオメガ3脂肪酸が変化したDHAやEPAといった
成分の健康への有効性は知られていますが、
このオメガ3脂肪酸はサーモンなどの魚のほか緑黄色野菜や海藻などに多く含まれているので、
これらの食品を食べることでうつ病の改善にもつながるということです。

また軽いうつ病を治療するのにハーブが効果的です。

アメリカで行われている研究で明らかになったことで、
セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)という種類のハーブに含まれる
ハイペリシンという成分を使用することでうつ病にかかっている人の
5~8割の人のうつ病の症状が改善されたという結果が出たそうです。

ただし既に薬物治療を行っている場合には、
ハーブの成分と科学的に反応するおそれがあるので医師と相談の上で行う必要があります。

うつ病とホルモン

うつ病は、脳内で分泌される神経伝達物質が正常に機能しなくなることが原因だと言われています。

この脳内の神経伝達物質は、
いわゆる「ホルモン」と呼ばれる物質で脳内のホルモンのバランスによって
人間の感情は変化し、うつ病もこのホルモンに関係しています。

脳内に分泌されるノルアドレナリンという物質は
適度な量が分泌されていなければならず過剰に分泌されても不安症などのうつ病の症状をおこします。

またメラトニンは睡眠のリズムを調整する役割を担っている脳内のホルモンで、
このメラトニンはセロトニンの前駆体であり、
ともに分泌に異常をきたすと不眠や過剰睡眠や朝早く目が覚めて眠れなくなる、
などのうつ病の症状を起こすと考えられています。

アセチルコリンというホルモンは感情の起伏を調整する役割があり、
このアセチルコリンの分泌異常はうつ病の症状の大きな原因と考えられています。

このホルモンが不足すると記憶や意識、知能、睡眠のリズムに異常がおこり、
集中力の低下や記憶力の低下、昼夜の逆転などのうつ病や不眠症の症状となって現れます。

またコルチゾールというホルモンは、自律神経系に関わる興奮や感情、
海馬(脳内の記憶に関する機能)に影響を及ぼし、記憶力、集中力が大きく低下するといった
うつ病の症状につながるといわれています。