福辻式 高血圧 アスカ鍼灸治療院 福辻鋭記噂は本当?効果あり?

Pocket

福辻式 高血圧 アスカ鍼灸治療院 福辻鋭記噂は本当?効果あり?

→詳細はこちら

アスカ鍼灸治療院 福辻鋭記さんの福辻式 高血圧、
評判が凄くいいって聞いたけど、本当かなあ。

相撲取りは、身体を柔らかくするために「股割」という、
脚を大きく開脚する稽古をします。

普通の人よりもはるかに脂肪がついて太っていて
味の濃いチャンコ鍋を毎日大量に食べているのに不思議ですよね?

実は、相撲取りに高血圧がいないのは身体が柔らかいからなのです。

その結果「柔よく剛を制す」ことができ、
この絵のように大開脚で四股を踏めるのです。

相撲取りの人は、意外にも高血圧が少ないというのをご存じでしょうか?

そもそも相撲取りが高血圧ですと、稽古や取り組みどころではありません。

って言うから、試してみようかなあ。

必読のノウハウみたいに感じるなー。

今、非常によく使われているカルシウム拮抗薬やベータ遮断薬は、
元々は狭心症や心筋梗塞などの予防と治療の目的で使われていたものである。

なぜ高血圧がおこるのかの仕組みが十分明かされていないことにも関連しているし、
血圧を上げる仕組みが単純でないことにもよるであろう。

血圧が下がることがわかってきて、降圧薬として役に立つということになり、
全世界で使われるようになった。

実際、これらの降圧薬がどういう仕組みで血圧を下げるかという仕組みの詳細は、
いまだにわからないことがいくつもある。

約90%の高血圧症はまだ原因不明なのです。

本態性高血圧は現在の進んだ医学をもってしても発症の原因が特定できない高血圧症です。

二次性高血圧は発症原因がはっきりしている高血圧で、
病気や薬の副作用によって起きる高血圧症です。

高血圧の症状の殆どは現代の医学をもってしても
「原因不明」であるという事実をご存じでしょうか。

(国立循環器病センター名誉総長医学博士尾前照雄著「血圧の話し」より引用)
(東京女子医大東医療センター内科勤務早稲田大学客員教授渡辺尚彦著
「血圧をグングン下げる200%の基本ワザ」より引用

病院で処方される、いわゆる「血圧降下剤」「降圧剤」ですが、
なんとそれについても何故、
降圧剤が血圧を下げるのかわかっていないというのです。

高血圧症と診断された人のうち、
本態性高血圧と二次性高血圧の比率は9対1。

レビューを見る限り、悪くはなさそう?

私にも簡単にできそうだし、試してみようかな。

→詳細はこちら