うつ病の疑いがあるときには

うつ病の疑いがあるときには

うつ病には明らかな症状というものがありませんから、
もし自分自身でうつ病かもしれないと思ったら、
まずはうつ病だと思われる症状が続いている期間を考えてみましょう。

うつ病の症状(とくに精神的な症状)が一時的に発症することは、意外とよくあります。

ちょっとした気の沈みや落ち込むことは日常生活のなかでもよくあることです。

しかしこれらの症状が2週間以上継続している場合にはうつ病の可能性が高いです。

そのような場合はうつ病の専門医に相談してみることをお勧めします。

軽いうつ病の症状のうちに専門医に相談することで症状が悪化するまえにうつ病治療ができますし、
相談できる人がいて安心できることがうつ病の改善には大切なことです。

医師に相談することを避けたいと思うことがうつ病の特徴ですし、
そう思ったのであれば医師に相談することがより大切でしょう。

診断を受けてうつ病ではなかったとしたら心配ごとがひとつなくなるわけですから、
どちらにしても気軽に相談できる専門医の診断を受けてみることです。

精神科というのは行きにくいところだとは思いますが、
本当にうつ病になっているのであれば専門の医師ほど頼りになる相手はいません。

うつ病かもしれないと思ったら、ぜひうつ病の専門医に相談してみるべきだと私は思います。

薬物によるうつ病の治療

うつ病の治療の方法には、まず休養が大切です。

そして休養と共にうつ病の治療の基本になるのが薬物による治療なのですが、
薬物によるうつ病の治療にはどのような薬を使用するのでしょう。

うつ病の研究が進んだ現在では、
うつ病は脳内で神経伝達を行なう機能が正常に働いていない状態だと考えられています。

この「神経伝達を行なう機能」が異常な状態になっていることで、
正常な感情や思考ができなくなるのがうつ病の状態です。

なので、この脳内の障害を薬によって改善するのが薬物によるうつ病の治療なのです。

うつ病の治療に用いられる薬を抗うつ薬といいます。

うつ病に治療に用いられる抗うつ薬は、三環系抗うつ薬、
モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの
様々な種類があります。

うつ病の治療に薬物が用いられるようになった最初のころは主に三環系抗うつ薬、
四環系抗うつ薬が使われていたのですが、
研究がすすむにつれてSSRIやSNRIなどのより副作用の少ない種類の抗うつ薬が開発されました。

三環系抗うつ薬にはイミプラミン、トリミプラミン、アミトリプチリンなどがあります。

SSRIにはパロキセチン、フルボキサミンなど、そのほかにもトラゾドン、
スルピリドなどの抗うつ薬を用いてうつ病を改善します。

精神療法によるうつ病の治療

うつ病の治療法で精神療法というと、
何か特別な治療なのかと気構えてしまいがちですが何もたいしたことがないことです。

うつ病の精神療法は基本的に、診断してもらっている医師とよく話し合うことなんです。

医師の治療といってもカウンセリングのようなもので、
日々の生活での問題や悩んでいること、
または考え方について医師に話してみることからはじめるといいでしょう。

医師にそれらの話をすることで自分が何の原因でうつ病になったのか気付いたり、
その原因を改善していくために行なうのが精神療法によるうつ病の治療の方法です。

精神療法によるうつ病の治療は、
うつ病が発症した原因となっているストレスがはっきりしていて
症状が軽い場合に行なわれることが多いうつ病の治療方法で、
反対に重たいうつ病の症状の場合には精神療法を用いることで
症状がより悪い方向に向かう可能性もあるそうなので注意が必要です。

うつ病は治療方法の選択と治療の順番が大切で、うつ病の改善のための基本となるのは、
休養と薬物による治療です。

実際には、
これらの方法によってうつ病の症状が軽くなってきた段階で
カウンセリングを行なったり精神療法を取り入れていくことが多いのだそうです。

季節性うつ病とは

季節性うつ病とは、
冬季うつ病とも呼ばれているうつ病の一種で毎年秋から冬の季節になると気分が落ち込み、
何事にもやる気が出なくなる症状のことをいいます。

この季節性うつ病も症状がひどい場合には、
日常の生活が行なえないようになることもあるそうです。

季節性うつ病は気温が低くなり寒くなっていくほど身体が重たく感じたり
頭がはっきり冴えないようになるようです。

これらは日照時間が短くなっていくにつれて起こるとも言われています。

季節性うつ病の症状も気持ちが塞ぎがちになり、前向きな考えができなくなり悲観的になります。

また十分に睡眠を取っていても眠たくて起きられない症状がみられたり、
パンや米やスナック菓子などの炭水化物が食べてくなる症状が現れることもあるようです。

このような症状が続くのであれば季節性うつ病の可能性があると言えます。

季節性うつ病は冬季に発症することが多いといわれていますが、
冬だけでなく夏に季節性うつ病が発症するケースもあるのだそうです。

季節性うつ病はだいたい同じ時期に毎年繰り返し症状が現れることが多いようですが、
一定の時期を過ぎると回復するので、
うつ病だという自覚がない人がほとんどで治療することもないままということが多いと予想されます。

季節性うつ病の原因と改善

季節性うつ病とは、ある一定の季節だけうつ病の症状が現れるのですが
その時期が過ぎると症状が治まるうつ病の一種で、冬季に発症するケースが多いことから
冬季うつ病と呼ばれることのあるうつ病です。

季節性うつ病は気温が下がっていくことや日照時間が短くなっていくにしたがって
症状が出てくることが多いことから、日照時間が関係していると考えれらています。

季節性うつ病にかかる人の割合は日照時間の短い北の地方のほうが多いといいます。

このようなことから季節性うつ病の治療には、
光による治療(光療法)が効果的だと考えられています。

実際の季節性うつ病の治療には「高照度光療法」という治療法があり、
この治療法は1日に15分から2時間程度2,200ルクスから3,500ルクスの強い明るさの
蛍光灯の光を浴びるというものです。

この光療法によってうつ病の人の心身の調子を整えることができるそうで、
抗うつ薬による薬物療法と共に行なうことで季節性うつ病を改善していくのが効果的だということです。

このようにうつ病の治療や研究は進歩しており症状に適した治療法を選択していくのですが、
うつ病が病気という認識が広く理解されていないために
実際にはうつ病の治療を受けていない人が全体の半数にのぼるとも言われています。